トマト

トマトと言えばイタリアン。イタリアンといえばパスタ!パスタって、オイルかミートかクリームかトマトかいつも悩む。。けど断然トマト!トマトソースにもいくつか種類があります。
アラビアータ
トマトソースに唐辛子を混ぜたもの。直訳「怒りん坊風」。
プッタネスカ
トマトに、オリーブとアンチョビとケッパーのパスタ。直訳「娼婦風」。ナポリの名物パスタです。
ペスカトーレ
魚介類とトマトソースのパスタ。直訳「漁師風」。漁師が売れ残りや雑魚、外道などをまとめてトマトソースで煮込んだものがはじまり。
マリナーラ
トマト、ニンニク、オリーブオイル、オレガノが入ったマリナーラソースを使用したあっさり味のパスタ。直訳「船乗り風」。

〈参考文献〉
アメリカで食用と認知された1793年当時、アメリカでは輸入の際、果物には関税がかからず、野菜には関税が課せられていた。だからトマトの輸入業者は、税金がかからないようにと「果物」と主張。これに対して農務省の役人は「野菜やろ?」と両者は一歩も譲らず、さらに果物派に植物学者も加わり、論争はエスカレート。とうとう、1893年(100年後!)に米国最高裁判所の判決を仰ぐことになってしまった。判決は「野菜」。裁判長の理由は「デザートにはならない。」
——————————————
あ、それとここで回文を紹介します。

阪神はだめだよだめだ阪神は(ハンシンハダメダヨダメダハンシンハ)